2020年年賀状 からの現実逃避

年賀状は 年に一度の便り、と思ってるので

めんどくさい、と思いつつも

「今年はどんなのにしようかな~」と楽しみでもあるのです^^

私は、今時珍しく手書きにこだわるので。

ちなみに過去の年賀状は

2018年 この年は喪中だったので喪中ハガキ

2019年 そして去年。

今年は、ネズミ年。

2020年オリンピックなので

オリンピック絡みの年賀状にしようかな、、とか思ったり。

 

でも今年は 心理カウンセラーの資格をとるのに

「今年中に添削問題をクリアせねばっ」

と 12月になって火がついていたので

心理カウンセラーの添削問題、全部クリアした後で

年賀状にとりかかろう!と 意識が年賀状に行ってなかった。

だからあまり考える余裕がなく。。。

「電球」と「ねずみ」のかわいいスタンプを購入。

 

 

いつもより、スタンプに頼った分

「お♪」という工夫をしたくて

黄色いスタンプ台で明かりの黄色い色を付けたり

ねずみにかじられた、的に 年賀状に穴をあけてみた^^

 

あとは一言メッセージを書いたり。

私、この「一言メッセージ」を書いてる時間って好きで。

年賀状でしかやりとりしない

東京に居た時に知り合った友人とか

ブログでやりとりしている友達とか

年賀状は 遠くの友人に出すのがほとんどだから

「元気にしてるかな。。。♪」と

(なぜか)にやにやしながら書いてるし笑

 

 

が、しかし!

 

今年は

この年賀状がきっかけで

母と大喧嘩!

 

 

 

元日に 姉と姪っ子が東京から帰省してくるので

駅まで迎えに行った。

 

そして実家に到着した時に

年賀状が届いてた。(母にも年賀状出してるので)

「あ♪年賀状届いてるね~」

と、母が年賀状をほっこりしながら見ていた時

私が出した年賀状が目に止まった。

 

年賀状の表に

郵便局からのお知らせ、みたいな紙が貼ってあった。

そう!2年前のあの事を思い出すような。。。

ちなみに2年前に貼ってあったのはこんな紙☟

母は 私が出した年賀状に

郵便局からのお知らせの紙が貼ってあったのを見て

何も考えずに私に

「つくねの年賀状、なんか郵便局からクレームが貼ってあるんだけど、、、、」

と 言って 

年賀状を見た。

 

「何!?これ!!年賀状を破くなんて

すごく失礼じゃない!!??

年賀状なのに縁起が悪いし失礼だよこれ(´゚д゚`)」

と、私が出した年賀状を持ってきた。

 

そして

「何でこんなことしたんだか。。。(´ー`)」

「あり得ないんだけど。。。」

「もらった人ビックリしてるだろうね、、(´゚д゚`)」

そう言って

私が出した年賀状を見ていた。

 

年賀状出した私もビックリして 

郵便局からのお知らせの紙を読んだ。

「これは郵便局で破損したものではありません」

と、言うお知らせ。

母は目が悪いから文字を読んでいない。

郵便局から注意の紙が貼られてる、と

私が出した年賀状が

郵便局に迷惑をかけた&相手に失礼

それを気に病んでいたようで。

 

私も見た瞬間「あ~(´ー`)」

と、ショックだった。

安易に(ナイス♪アイディア~ぐらいに)穴を開けたし

またしてもそれで郵便局に迷惑がかかったかな、という反省の気持ち、

そして 私が出したみんなの所に

郵便局からのお知らせが貼ってあって

届いた人もビックリしただろうな、、とか

母が言うように 

失礼な事しちゃったのかな、、と凹んだ。

 

それなのに母は

「やりすぎじゃない」

「みんなにコレ出したの?」

「非常識じゃない~ もぉ。。。」

と 私を責めるように

独り言のように言い続けた。

最初は 「ごめん。そう思ってなくって。かわいいかな、と思って。。。(´ー`)」

と、言ってたんだけど。

自分もショックだったのに

その事を責め続ける母に少しイラっとしながら

でも姉も旦那さんも姪っ子も居たし

グっとこらえて 

「何も考えてなくって、、届いた人に悪い事しちゃったね(´・ω・`)」

と、流していた。

 

それでも母が執拗に責めたてるから

ちょっと強めに

「ごめん、わかったから もう言わないで」

と話を切った。

それなのに母は

「に、しても 普通常識があったらこんなことしないでしょ」

私「わかったから!」

母「いや、でもあり得ないわ。。。」

 

、、、ここで私

プチっと切れてしまった。

 

もう止めてって言ってるじゃん!

わかったから!!

ほんっとお母さんって昔っからそうだよね!

相手の気持ちわからないというか

デリカシーないというか!

悪気があって出してる訳じゃないじゃん!

声を大にして怒鳴ってしまった。。。。

それに対して母も

「もっと常識あると思ったからお母さんショックで。なんなのよその言い方。」

と 言い返して来たから余計に腹がたって

なんだか泣けてきた。

 

小さい頃の事とか、今まで

母の言葉でかなり傷つけられた事が

一気に走馬灯のように蘇ってきた。

 

昔から母は世間体ばっかり気にしていた。

特に近所には父親の兄弟が住んでいるの。

(しかも私や姉の同級生の甥っ子姪っ子も)

特に本家にはすごく気を使っていて

本家より出すぎちゃいけない、みたいな所があった。

一番それで嫌な思いをしたのは姉だと思う。

姉は将来の目標があった。

その為に高校も地元じゃない高校を志望した。

でも 本家の子の方が頭がいいのに地元の高校に行くのに、と 大反対。

子供の将来よりも本家との世間体を気にする人だったし。

姉は地元の高校で進学クラスで頑張って勉強して

進路指導(三者面談)の時に

大学に行きたい、と強く言った。

先生も母を説得したんだけど母は

「何ばかな事言ってるの」と 全く取り合ってくれなかった。

姉は泣きながら大学に行きたいと懇願した。

全く姉の気持ちをわかろうとしてくれなかった。

それ所か 

「何なの?泣くってあり得ないんだけど。先生も居るのに恥ずかしい。。。」

と 家に帰って来てからすごく姉を叱っていた。

私はその話を聞いた時

姉は本気で大学に行きたがっていたんだな、、と切なくなったもの。

私は 小さいころから嫌な事ばっかりで。

嫌だから余計に小学校~高校ぐらいまでの記憶があまりない。

小学2年生の頃 何度も死のうとしたし

大人を信用してなかったし

今思えば 「なんて子だっ」って思うけど

小学校2年生の闇 は はっきり覚えてるもん。

その後の波が中学2年の闇、←私に人生闇ばかりw

とにかく 家を出たかった。

でも母親の世間体があるから

高校卒業して東京に行って

自由になろう、そればっかり考えていた。

で、結局東京行っても親に迷惑ばっかりかけたのですが←おいっ

そしてタチが悪いのは

姉、私、弟、といい子に育ったので←自分で言うなて

母は自分の育て方がよかったのだと思っている。

違うの。

違うのだよ。

母が平気で子供を傷つけるから

子供は 強なったのだよ。

姉だって 子供に選択肢を与えたい、と

必死に働いて 子供を大学に入れたのだし。

それを甘やかしてる、とか無駄だとか母は言うけど

私は姉の気持ちはすごくわかる(同じ環境で育った母の子だし)

私がいい子に見えるのは

私が何をしても母は言葉では信じてる、と言うのだろう。

でも私は知ってる。

何よりも世間体を気にする人だって事。

何かあると 自分の子供のを事を

みっともない 恥ずかしい

うちの子ばかだから と

日本人らしい奥ゆかしさなのか

出すぎない美学なのか よくわからないけど

子供のを褒める と言う事が無かった。

あ、長々と母に対しての愚痴になってしまったwww

 

母親にうだうだ言われたので

「うるせぇな!黙れ!」

と、思わず言ってしまった。

 

その日は夕飯食べて帰る予定だったけど

私、大人なので

「お腹いっぱいだから夕飯はいいや。もぉ帰るよー。お母さんムカつくし~~(´゚д゚`)」

と、おちゃらけて家を後にした。

 

私、何十年かぶりにすっげーブチ切れたなぁ。。。

母親にハッキリ

うるせぇ!とか言った事なかったし←何万回も思った事はあるけどw

 

ちょっと、頭を冷やそう、と思ってはいるんだけど

一度 過去の負の感情に足を踏み入れてしまったら

今まで忘れていた母との出来事が(もちろん負の思い出)出て来る出て来る、、、、

どんどん嫌になっていた。

 

 

そんな時

友達からラインが。

「年賀状ありがとう。破けてる~とちょっとした騒ぎになりました笑」

と。

 

あ、、、やっぱり失礼だったな、、と悲しくなって

友達に

「母からもすごく言われて、、失礼な年賀状でごめんね(ノд・。)」

と 謝ったら

「え?何???別に全然。

最初見てあれ。。?の、後に 

なるほど~ネズミが食ったんかい~!

すご~い!さすが~♪👏の、騒ぎ。」

と。

 

よかった。。。

年賀状出した50人のうち、

快く喜んでくれたのがその友達1人だったとしても

その言葉に救われた。。。。(ノд・。)

 

友達のラインのおかげで

母に対する怒りが浄化されたのでしたw←単純故

 

そして更にブログに書いてると

気持ちが落ち着く。

小さいころから私、嫌な事があると

スケッチブックに何か書いてた。

色んな気持ちとか言葉とか

現実逃避できる事を夢中に書いてた。

だいたいストーリーは一緒で。

私はこの家の子じゃなくて

もっとお金持ちの 優しい母親がいる所の子で

御姫様みたいな暮らしをしている←自分で書いてても恥っw

小さいころが御姫様のような生活。

中学生になると彼氏が田原俊彦(トシちゃん)

高校生になると暴走族の頭の女←何があった?w

社会人になると、、、etc 

そんな現実逃避設定を楽しんで

「いつか王子様が、、、」と

夢の世界に逃避する事で怒りを和らげてるのかも。

 

 

あわせて読みたい