やませ と いう名の 天然クーラ

 

 



 

 

山の方は晴れてるのに

海方向へ車を走らせると

ぐんぐん気温が低くなる。

 

 

 

 

 

 

やませ(山背)という現象。

海から陸に向かって吹いてくる冷たい風、と 小さいころ聞いていた。

冷たい風が

霧のように吹いてくる。

今まで私、その霧の方角に住んでいて

その辺りで仕事をしていたので

「霧が出て来たな。。」ぐらいにしか感じてなかった。

 

今働いている場所は山の方。

仕事から帰る時は晴れていて。

 

家に近づいてくると

海側からやませが来てるのが メッチャわかるwww

海側から黒い雲が、、、

 

そして進んでいくと霧(やませ)の中

 

 

ちなみ、、

私 やませ を やまへ だと思っていて。

 

訛っているから やまへ に 聞こえる。

背中を へなか と 言ってる感じ。

だから 山屁やまへ だと思っていた。

 

 

海側には 缶詰工場やいろんな加工場が多くて。

その 海側のなんとも言えない匂いが

やませにのって流れて来る。

学校で 窓を開けながら授業をしていて。

「ん、、、?なんだか匂う。。。」

と 思うと

先生が

「やまへだっ!早く窓閉めろー!」

 

慌てて開いている窓を閉める。

そんな事がたまにあった。

 

だから やまへ=山の屁(くさい) だと ずっと思ってた。

 

ある日

「やまへって何で山なのかな。

海からきてるのに

海屁じゃないのは何でだろうねー。

山屁って誰が考えたんだろ?」

 

と 言ったら メチャクチャ笑われた。

 

そもそも やまへ じゃなくて やませ(山背)だし。

しかも 屁 じゃないし。

 

すっごく恥ずかしかったなぁ・・・

 

だから大人になった今でも

この時期冷たい風が吹いてくると

心の中で「あ、山屁、、、」と思ってしまう。

 

でも昔に比べて加工場からの匂いが全然しなくなったなぁ。。。

 

 

時にはすごく幻想的なやませ

 

 

 

 

 

あわせて読みたい