手間がかかる、が、ありがたい事だと知る

普段何気に目にしてる事や

普段何気に耳にしてる事、

普段当たり前に食べてるもの。

それが 誰かの手間で その形になってるって事で。

 

手間=めんどくさ と 思ってた。

手間って「時間」や「労力」の事でしょ?

最近 時短 とか ミニマム とか。

小さく、短く、手間を省いて、簡単に、

そんなご時世。

 

仕事でも最近本社とはWEB会議。

わざわざ交通費かけて行かなくても

離れている場所同士でも

リアルタイムで繋がる事ができる。

昔は東京まで新幹線(在来線乗り換えで)4~5時間ぐらいかかったの

 

今では2.5時間。(⇒この日の日記

すごいなぁ。。。

時代と共に

色んな事を時短。

それによって

時間が濃縮されて。

ヒトは時短で時間を作り出してきたんだ。

そう思ったら 考え深いものが。。。

 

昨日、わらび を もらった。

私、山菜(わらび、ふき、とか)は

水煮とか、食べられる状態でしかもらったことがなかった。

今回は「朝採ってきたわらび」

。。。たしか、、灰汁(アク)抜きが必要なんだよね、、、?

重曹だよね。

 

そう思って重曹を買ってきた。

 

そしてネットで調べて灰汁抜きを。

 

 

 

 

 

メッチャくちゃ

時間かかるじゃんーー!!( ゚Д゚)

 

ビックリした。

ただ茹でればいいんだと思ってたけど。

違った。

 

沸騰したお湯に重曹を入れて10分ぐらいおいて。

少しお湯が冷めたらそれにわらびを浸ける。

4時間とか5時間とか( ゚Д゚)

 

さらに水にさらす。

4時間とか5時間とか( ゚Д゚)

 

夜仕込んだから朝味見してみる。

 

エグい。。。。(;´Д`)

 

灰汁抜き失敗。。。。。(ノд・。)

 

 

どうしようかな、、、

悩んで、

重曹少な目で

失敗したわらびを再度灰汁抜き。

、、って事で

たんまり手間暇かけました(*´∇`*)

 

 

大きい鍋がないから大変だった。。。

 

しかも、この日、

(まさか、わらびがやってくるなんて思ってなくて)

蒸し大豆の在庫がなかったので(蒸し大豆は⇒この日記

大豆も仕込んでいたので(朝水に浸けておいたの)

夕方のキッチンは 大量のわらび と

浸けておいた大豆で大渋滞。。。。

 

でも今回の蒸し大豆は

長い時間浸けておいて

ゆっく~り蒸したので

メチャクチャほっくほくで甘くて

すごーーく美味しい!!(*´∇`*)

 

 

そして

普通の人の倍(失敗したので)時間をかけて

灰汁抜きしたわらびも

触感も抜群で いい粘りもあって

すご~~くおいしかった~(*´∇`*)

 

おいしい わらびってお刺身で食べると抜群です♪

お刺身というと「え?」、と思われるかも。

シンプルにわさび醤油、って事なんだけど。

 

岩手県の西和賀は わらびが有名なの。

以前 西和賀わらびを食べた時に

すっごく衝撃だった。。。

わらびって、山菜そば とか 山菜おこわ に入ってる

おまけ、というか そんなに主張する食材ではないと思ってたんだけど。

今まで食べた事がないおいしさだったの。

「え?ワラビってこんなに美味しいんだ。。。」とビックリ。

今が旬です。

興味がある方はわらび園ありますよ^^ ⇒西和賀わらび園

 

あ、脱線しましたが。。

 

年々、年を追うごとに

時間をかける事が楽しいと言うか

その食材が愛おしいというか。

 

手間をかけるから美味しいし

手間がかかるから美味しいんだな、と

手間をかけてみて その有難さを感じた。

 

それを今までの私は

いいとこ取りで

その手間をしらずに

手間なしで、あたりまえにあるものとして

あ、わらび、今旬だもんね、と目にして

少しお値段高いと

山から(タダでも)採って来れるのに高い、、(-.-)

なんて思ってたり。

旬をいただく と言う事は とても贅沢で。

その贅沢のために

手間をかける事は幸せな事なんだな、と思った。

 

以前母が「どうしてもわらびが食べたくて

生のわらび買ってきちゃったけど

灰汁抜きがちょっと微妙かも、、、」

と 持ってきてくれたことがあった。

確かにちょっとエグさが残ってて

なんだか微妙、、、と 思ってしまったけど。

 

柔らかさとか灰汁抜きが案外難しくて。

時間かけても失敗したり、

自分がやってみて 「普通においしく食べられること」は

当たり前じゃなくて

誰かが手間をかけておいしくしてるんだな、、と実感。

 

アクって植物が自分を守るためのものなんでしょ?

だから自然の中にある山菜の方が(栽培よりも)アクが強いと聞いたことがある。

アクが強いと強いだけ

必死に自分を守っている気高い植物って感じがして

愛しさが増したり←でもアク抜いて食べるけど

「あなた(わらび君)の防御に徹している心(アク)

私が解放してあげるわ~~( ̄▽+ ̄)」

ぐらいの気持ちで ニマニマして食べておりました。

 

 

 

 




 

 

 

あわせて読みたい