見守ること と 歩き続けること。

 

死は 自分にかならずやってくるものだし

誰にでも100%の確率でやってくる。

病気でも 事故でも

早くても遅くても

誰にでも

必ずやってくる。

世の中に「絶対」があるとしたら「死」だけだと私は思う。

だから

愛する人に出会えた人生は

幸せでしかない。

 

別れは悲しくても

「どちらかが死ぬまで」しか一緒に居られないもの。

いつかは必ず別れがくる。

 

今日のテレビは

どこを見ても そんなニュースばかりで

そっとしてあげて欲しい、、とテレビを消してしまった。

 

たくさん泣いて

泣き疲れても涙は出て来るし

それでも生きて行かなくちゃならない。

 

いつかは自分も空に逝くのだし

そこで待っていてくれる人がたくさんいるはず。

先に逝った人に

誇れる自分でいたい。

 

悲しい時も 前を向いて歩いていくために

私はいつもこれを見て空を仰いでいます。

何年経っても何度見ても色あせる事ないなぁ。。。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



あわせて読みたい